オバマの言語感覚 人を動かすことば 東照二著

オバマの言語感覚 人を動かすことば 東照二著

オバマ大統領の演説ナンバーワンは、選挙期間中に巻き起こったスキャンダルに対する釈明会見での通称「人種演説」だ。「もっと完璧な連邦」と題されたその演説は危機をチャンスに変えた。結婚式や娘の洗礼を手がけた「家族のような」存在のライト牧師が、白人やアメリカを糾弾する発言を繰り返していたことがネット動画サイトで流され、オバマは窮地に立つ。それを、根源的で国民共通の問題に通底するテーマにとらえ直し、自問自答で他者の視点を演じつつ、なぜ縁が切れないかを釈明して、むしろそこで自らの「誠実さ」を印象付けた。

気鋭の社会言語学者が、オバマ演説を通じ、ことばが人を動かし、政治を動かす事実を検証する。

NHK出版生活人新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。