いまだ見えてこないイオンのグループ戦略

CFS問題は決着したが、出資比率は”寸止め”

いまだ見えてこないイオンのグループ戦略

3月17日、イオンとドラッグストア大手CFSコーポレーションが新たな提携内容を発表した。イオンはCFSに対する出資比率を従来の15%から33・3%に引き上げ、副社長として新たに役員を派遣する。両社はCFSと調剤薬局最大手アインファーマシーズとの経営統合をめぐり委任状争奪戦を繰り広げ、1月CFSの株主総会で同案は否決されていた。石田健二CFS会長兼社長は取締役を退任、名誉会長に退く。

イオンにとってはグループ企業の離反を阻止し、結果として関係強化につながった格好。ただ出資比率は重要事項に拒否権を持つ3分の1を超えない範囲で”寸止め”。「重要事項は事前にイオンに相談する合意を入れた」(岡田元也社長)ものの、これまでの経緯からCFSの独自性に配慮せざるを得なかった。

「労働集約型の小売業は社員の士気が重要」(幹部)との事情もある。持ち株会社へ8月に移行するイオンだが、グループ集約は一筋縄ではいかない。寸止めの出資比率にイオンの悩みが隠れている。
(並木厚憲 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT