外国人客が激増?超使える5つの「接客英語」

本当に「気が利く」表現はこれだ!

お菓子などを試食したお客さまに、Would you like this flavor? と言えば、「この味はいかがですか?」となります。この場合のflavorは、「塩味」「しょうゆ味」「イチゴ味」といった場合の「味」でよく使います。おすすめしたい商品が手元にある場合は、Would you like this? だけでもOK。

This one is very popular.「これはとても人気があります」など、簡単でもいいのでひとこと添えられると、なおGoodです。

③物を渡すときの、This is ~.

This is ~. は、中学校で習う典型的な英文ですが、実は接客でも頻繁に登場する基本フレーズです。

たとえば、商品を渡すときにThis is the sample. Here.と言うと「これがサンプル品です。どうぞ」となります。Hereは「ここ」という意味ですが、物を手渡す際に「どうぞ」というニュアンスでよく使われます。

そのほか、

This is another color.「違うお色のものです」
This is the changing room.「試着室です」
This is your receipt.「レシートです」

 

など、シチュエーションに応じて幅広く使うことができます。

④確認が必要なときは Let me check.

商品の値段の確認や、英語ができる別のスタッフに聞きたいとき、また電子辞書でちょっと調べたいときなどに使えるのが、Let me check.です。これは「私にチェックさせてください」という意味で、お客さまにお願いをするニュアンスが含まれる、丁寧な英語です。

単に「調べてみますね」という表現ではI’ll check it out.がありますが、こちらは自分が責任を持って行う感じが出ます。

⑤数字が苦手な人は、This is the total.でOK!

最後はお会計時のひとことフレーズです。

英語の数字表現は、100(hundred)や1000(thousand)など、単位を表す単語が長くて発音しづらいほか、1万が10 thousandになるなど、日本人にとって非常にややこしいものです。

最もスマートにお会計を済ませる方法は、「お客さまに合計金額を見せる」こと。

レジや電卓の表示を見せて、This is the total.「合計(金額)はこちらです」と言うだけで、複雑な数字を発音せずとも一目瞭然です。

次ページ金額を見せるだけは失礼か?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT