なぜか誤解が多い「ニキビ」の知識と対策法

生活のツケは積もり積もって肌に出る

誤解ⅲ:ニキビができる人は男性ホルモンが多い。

これもよくある誤解です。男性ホルモンはニキビの発症に関与しており、男性ホルモンが多いと確かにできやすいとはいえますが、男性全員にニキビができるわけではなく、また男性ホルモンが多くない人でもニキビはできます。男性ホルモンを気にしてみても、薬で下げることなどはできません。

誤解ⅳ:乾燥するとニキビができる。

最近、スキンケア業界でよくいわれることですが、これを間違って解釈して、クリームなどを塗りすぎてニキビを増やしてしまう人が多いので要注意です。

ニキビ対策は?

ではニキビ対策は、どうしたらよいのでしょう。

対策ⅰスキンケア

肌表面の角質層の水分が減ると、角質が硬くなって毛穴がふさがれ、ニキビができます。角質に水分を与えてやわらかく保つことが重要です。セラミドなどの保湿成分を含む美容液を使いましょう。油分の与えすぎは禁物です。クリームやオイルなどの油分はすべて、アクネ菌の栄養源になります。また、朝晩きちんと石鹸で洗顔して皮脂を落とすこと、脂取り紙で余分な皮脂を取ることも大切です。

対策ⅱ生活改善

睡眠不足は免疫を低下させ、ニキビの原因になります。早寝早起きがいちばん大切です。次が食事ですが、甘いものや脂っこいものはインスリン分泌を増やし、インスリンは男性ホルモンを増やします。そのために、これらの食べ物はニキビを悪化させるのです。魚や野菜を中心としたバランス良い食事を心がけましょう。

対策ⅲストレスケア

ストレスでホルモンバランスが乱れてニキビができる人がいます。交感神経が優位にあると、ストレスの影響を受けやすくなります。副交感神経を活性化するように、寝る前にぬるめのお風呂につかる、腹式呼吸をする、ウォーキング程度の軽い運動をするなどを実践しましょう。

ニキビができてきた人に、生活改善してくださいとお伝えすると、「睡眠不足や外食中心の不規則な生活は何年も前からだけど、ニキビは先月からだから、生活は関係ないです」とよくいわれます。しかし、生活のツケは、積もり積もって肌に現れてくるので、関係ないとはいえません。ニキビは肌の生活習慣病のようなもの。不規則な生活が続くと、それが蓄積して病気を発症するのと同じです。

ニキビを治したいのであれば、肌によくない生活は、それがたとえ何年も前からの習慣であっても、改めることが大切です。蓄積があるので、生活を改善してもすぐにニキビが治るとは限りませんが、よい生活を習慣づけるよう努力してください。

皮膚科で薬をもらうのもよいですが、生活を改善したほうが、ニキビの治りはがぜんよくなります。

皮膚科では、抗生物質の内服や漢方薬、塗り薬などで治療します。ニキビ跡に関しては、自費治療になりますが、レーザーやピーリングなどの治療が行われています。参考にしてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。