なぜ「開成」「麻布」「武蔵」から一流が育つのか

男子御三家で鍛えられる21世紀型能力

「時代が変わったのだから、教育も変わらなければいけない」は一見正論だが、取り扱いに注意が必要だ。確かに時代は変わっているのだが、人間の本質はそれほどに変わらない。人間の本質が変わらない限り、教育の本質も変えてはいけない。

男子御三家の教育は、そのことを私たちに教えてくれているのではないだろうか。

男子御三家のリベラル・アーツ教育

昨今、「教科の枠にとらわれるのは古い教育で、これからは教科の枠を超えた21世紀型コンピテンシー(能力)ベースの教育が大事だ」という論調が優勢になっている。教科を教えるのではなく、思考力や創造力、分析力、判断力、表現力、コミュニケーション力などの「能力」を鍛える教育を行うほうが実践的だというのである。

しかしいわゆる男子御三家をはじめとする名門校ほど、教科を基本としながら縦横無尽に教科の枠を超え、その中で生徒たちが自らコンピテンシーを涵養できるようにする方法を何十年も前から実践している。生徒たちが能動的に学ぶ、「アクティブ・ラーニング」についても同様だ。

特別にパッケージ化されたキャリア教育や人格教育がなくても、いや、あえてそういうものはもうけずに、どこの学校でも同じように教えている9教科の中に、それらの要素を自然に取り込んでいる。9教科をまさに「リベラル・アーツ(古代から西洋に伝わる自由七科)」の延長として教えている。

これこそ最高のキャリア教育であり、全人教育であり、「生きる力」を育む教育であると私は思う。昨今の教育議論は大風呂敷が広がっていくばかりで収拾の目処が立たない。枝葉の議論に振り回されず、今一度教育の原点に立ち戻ることも大切ではないだろうか。そのヒントが、男子御三家の教育にはある。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT