米国の動物園、赤ちゃんパンダを一般公開

首都のスミソニアン動物園で

 1月16日、米首都ワシントンのスミソニアン国立動物園で、昨年8月22日に生まれたジャイアントパンダ「ベイベイ(貝貝)」の一般公開が始まった。写真は昨年12月16日。(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[16日 ロイター] - 米首都ワシントンのスミソニアン国立動物園で16日、昨年8月22日に生まれたジャイアントパンダ「ベイベイ(貝貝)」の一般公開が始まった。この日はパンダに扮装した見学者ら数百人が来園したが、ベイベイは大半の時間眠っていたという。

公開は現地時間午前9時から午後4時だが、動物園によると「毎日の公開時間はベイベイの行動次第」。動物園のサイトでは、パンダ舎内のカメラで撮影したベイベイのライブ映像を配信している。

ベイベイの体重は3カ月前の140グラムから5.7キロに増えた。

ベイベイは、人工授精により母親の「メイシアン(美香)」から誕生。一緒に生まれた双子の第2子の方は、誕生から間もなく死んだ。

ジャイアントパンダは世界で最も絶滅が危惧される種の1つで、特に飼育下の繁殖率が極めて低い。現在飼育されているジャイアントパンダは300頭前後、野生には1600頭程度が生息する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT