「四季島」vs「ななつ星」、デザイナー対決の深層

豪華寝台列車に垣間見る、職人たちの矜恃

近畿車輛はドバイに続き、カタールの首都ドーハを走る都市鉄道「ドーハメトロ」の車両製造も受注。再び世界が驚く列車を送り出すため、南井氏は奮闘の日々を続けている。

各鉄道車両メーカーは社内に南井氏のような車両デザイナーを抱えている。通勤列車から特急列車まで、数多くの列車のデザインは彼らの手によって生まれる。だが、その存在がクローズアップされる機会は決して多くない。

車両メーカーからスターは出てくるか

多くの車両デザインを手掛けてきた木村一男氏(撮影:梅谷秀司)

「大手自動車会社なら、数百人のデザイナーがいる。鉄道車両メーカーのデザイン部門にも、もっとパワーが欲しい」

そう語るのは、国鉄時代の新幹線「200系」を皮切りに九州新幹線「さくら」「みずほ」に至るまで、多くの車両にかかわってきた、名古屋学芸大学メディア造形学部の木村一男・学部長だ。

人数だけではない。自動車業界では、新車発表の際にデザイナーや開発担当者がメディアの前に登場し、新車のデザインやコンセプトを説明することが多い。鉄道車両の場合、その役目は車両を発注した鉄道会社か、水戸岡氏や奥山氏のような外部デザイナーが担う。車両メーカーのデザイナーが表舞台に立つ例はほとんどない。

「最近人気の水戸岡氏や奥山氏のようなデザイナーをどう思うか」という質問を木村氏にぶつけてみたところ、「鉄道車両メーカーからもスターが出てきてほしい」との答えが返ってきた。「デザイナーの名前が出れば、責任感も大きくなる」からだ。「インハウス・デザイナーにもっと日の目が当たってほしい」というのが木村氏の願いである。

自動車業界では、モーターショーなどのイベント時に各社の自動車デザイナーたちが一同に介し、夜更けまで語り合うという。鉄道デザイナーの集まりは今回が初めて。遅まきながら、鉄道デザイナーたちもようやく第一歩を踏み出した。

会場には、木村氏のようなベテランからデザイナーの卵まで、多くの人が集まった。「私もいつかすごい車両をデザインしたい」。今年、鉄道車両メーカーに就職したという新人デザイナーは目を輝かせる。

今は「水戸岡デザイン」「奥山デザイン」といった社外デザイナーばかりが注目を集めているが、10年後には社内デザイナーの名で新型車両が語られる日がくるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT