ポトスライムの舟 津村記久子著

ポトスライムの舟 津村記久子著

女性契約社員ナガセの身辺事情が、奈良の古い自宅(時に工場も)を舞台に綴られる。家出して転がり込んできた友人親子、世界一周をめざして貯金に励みながらいつも気になる通帳の数字、風邪で会社を休む彼女が見る夢と、穏やかな展開が続いて事件と言うほどのことも起きない。

とはいえ随所に現れるアヤと機微が温もりを生んでいる。芥川賞作品でこの淡々とした味わいは貴重である。重苦しいはずの社会の底辺近くでのささやかな楽しみや悩み、時に不条理に、しかし結局は日常を受け入れていく心理描写はさわやかで、友達のためになけなしの貯金をなんとなく使ってしまうあたりは秀逸だ。ただしナガセと友人のヨシカの名をカタカナにしたのは功罪相半ばの感がある。

ポトスライムは主人公が育てる観葉植物で、空想の舟とともに温かな生命力と夢の象徴だろう。併載の「十二月の窓辺」は女性上司のパワハラに翻弄される女性の心理を描く。(純)

講談社 1365円

Amazonで見る
楽天で見る

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT