福原 俊一(ふくはら しゅんいち) Shunichi Fukuhara
電車発達史研究家

1953年東京都生まれ。武蔵工業大学工学部経営工学科卒業。東芝子会社を2013年に定年退職後、電車の技術史や変遷を体系立てて調査する車両研究をライフワークとして取り組む。『振子気動車に懸けた男たち』(交通新聞社)など著書多数。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。