田丸 昇(たまる のぼる) Noboru Tamaru
将棋九段、元『将棋世界』編集長

1950年、長野県北御牧村(現・東御市)に生まれる。1965年、佐瀬勇次名誉九段の門下で奨励会に6級で入会。1972年、四段に昇段して棋士になる。1979年、六段に昇段。1989年、日本将棋連盟の理事に就任し、1995年5月まで務める。1991年、八段に昇段。1992年、順位戦でA級に昇級。2001年、『将棋世界』編集長に就任し、2003年3月まで務める。2013年、九段に昇段。2016年、現役棋士を引退。 著書に『実録名人戦秘話』(マイナビ)、『熱血の棋士 山田道美伝』(日本将棋連盟)、『名棋士の対局に学ぶ詰め&必死』(創元社)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT