柳生 雄寛(やぎゅう たけとも) Taketomo Yagyu
実践経営コンサルタント

神戸生まれ神戸育ち。19歳のときに起業。イベント企画、人材派遣、飲食店経営、通信関連事業、輸入代行業などの事業を立ち上げた後、船井総合研究所に入社。マーケティング、マネジメント、ブランディングなどの実践経営ノウハウを体系的に習得し、1日のコンサルティング報酬が35万円以上というトップコンサルタントとなる。経営の経験を持つ希少なコンサルタントの価値を活かし、業種業態や規模を問わず切れ味鋭いアドバイスで高い評価を得る。その後、独立し「人生は、誰と出会うかで決まる!」をコンセプトにマックスビジョンを設立。経営コンサルタント養成講座「サムライコンサル塾」塾長。まず幸せを手に入れ、その延長線上にある成功を目指すための「成功塾(商標登録済み)」主宰。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT