建山 義紀(たてやま よしのり) Yoshinori Tateyama
元プロ野球選手

1975年大阪府出身。東海大仰星高、甲賀総合科学専門学校、松下電器を経て1998年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。主に中継ぎ投手、抑えとして活躍。 2010年オフにテキサス・レンジャーズに入団。2013年6月にニューヨーク・ヤンキースに移籍。2014年6月に阪神タイガースに移籍し、同年11月に現役引退を表明。引退後は野球解説者として、テレビ・ラジオでの中継解説、新聞評論など幅広く活動中。2017年11月、第1回アジアプロ野球チャンピオンシップの日本代表投手コーチを務めた。メジャーリーグ通算53試合登板。3勝1セーブ4ホールド。日本プロ野球通算446試合登板35勝27セーブ84ホールド。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。