山田 昌弘(やまだ まさひろ) Masahiro Yamada
中央大学教授

1981年東京大学文学部卒。1986年同大学院社会学研究科博士課程退学。東京学芸大学教授を経て、2008年より中央大文学部教授。現在、内閣府・男女共同参画会議専門委員、東京都社会福祉審議会委員など公職を歴任。専門は家族社会学。愛情やお金を切り口として、親子・夫婦・恋人などの人間関係を社会学的に読み解く試みを行っている。

「学卒後も基礎的生活条件を親に依存している未婚者」の実態や意識について分析した著書『パラサイト・シングルの時代』は話題を呼んだ。1990年代後半から日本社会が変質し、多くの若者から希望が失われていく状況を「希望格差社会」と名づけ、格差社会論の先鞭をつけた。結婚活動略して「婚活」の造語者でもある。著書は他に、『近代家族のゆくえ』『少子社会日本』『婚活時代』『女性活躍後進国ニッポン』など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。