山田 昌弘(やまだ まさひろ) Masahiro Yamada
中央大学教授

1981年東京大学文学部卒。1986年同大学院社会学研究科博士課程退学。東京学芸大学教授を経て、2008年より中央大文学部教授。現在、内閣府・男女共同参画会議専門委員、東京都社会福祉審議会委員など公職を歴任。専門は家族社会学。愛情やお金を切り口として、親子・夫婦・恋人などの人間関係を社会学的に読み解く試みを行っている。

「学卒後も基礎的生活条件を親に依存している未婚者」の実態や意識について分析した著書『パラサイト・シングルの時代』は話題を呼んだ。1990年代後半から日本社会が変質し、多くの若者から希望が失われていく状況を「希望格差社会」と名づけ、格差社会論の先鞭をつけた。結婚活動略して「婚活」の造語者でもある。著書は他に、『近代家族のゆくえ』『少子社会日本』『婚活時代』『女性活躍後進国ニッポン』など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。