大沼 あゆみ
大沼 あゆみ(おおぬま あゆみ) Ayumi Onuma
慶應義塾大学経済学部教授

専門は環境経済学。1983年 東北大学経済学部卒業、1988年 東北大学大学院経済学研究科博士課程後期単位取得退学、1989~2001年 東京外国語大学外国語学部専任講師・助教授、2001年4月より 慶應義塾大学経済学助教授、2003年4月より 慶應義塾大学教授。経済学博士。この間ロンドン大学、ケルン大学の客員研究員を務める。現在、IPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム)第一次報告書主筆者を務める。著書に『生物多様性保全の経済学』(有斐閣)、訳書にターナー他『環境経済学入門』(東洋経済新報社)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。