井上 尚弥(いのうえ なおや) Naoya Inoue
プロボクサー

1993年、神奈川県出身。大橋ボクシングジム所属。高校生初のアマチュア7冠を達成し2012年プロデビュー。翌年、日本ライトフライ級王座、OPBF東洋太平洋同級王座をそれぞれ当時国内男子最短で獲得。
2014年にはデビュー6戦目でWBC世界ライトフライ級王座を、8戦目でWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し、2階級制覇を達成する。2018年は階級をバンダム級に上げWBA世界バンタム級王座を獲得して3階級制覇を達成。2019年にはIBF世界バンタム級タイトルマッチにも勝利し、現王者。プロ通算戦績19戦19勝16KO。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。