井上尚弥を「無駄遣い」と無縁にした父の教え

トップボクサーが語る「ファイトマネー」の話

ファイトマネーをもらっても金銭感覚が麻痺することはない、と井上尚弥氏。彼にとってお金の価値とは?(写真:共同通信)  
世界WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥氏は高校生のとき、父親のアドバイスから時給850円の工場で半年間働いてみたという。彼がそこで得た経験が、今どのように生きているのか?
自身の「勝利を引き寄せるための思考術」を記した『勝ちスイッチ』から一部抜粋、再構成してお届けする。

家を買った。物欲はそうあるほうではないが、生まれ育った座間に約300平米の豪邸を建てる。ここまで戦ってきた自分へのご褒美であり、リングに上がるための新たなモチベーションの1つになる。スポーツ新聞ふうの表現で勘弁していただきたいが、推定金額として「ン?億円」くらいの大きな買い物である。満額ローンを組んでの購入だ。

サラリーマンと違い、将来の保証のないプロスポーツ選手は「ローンが組めない」のが定説で高額年俸をもらうプロ野球選手でもローンを組むことは難しいらしい。

なぜ僕がローンを組めたのかというと、父が経営している「明成塗装」の社会的信用のおかげにほかならない。事業実績に加えて、父は、投資物件としてのマンション、アパートなどの不動産を数棟持っている。その恩恵にあずかったわけである。

父は、「20代のうちにわが家を建てる」を目標に、独立後、仕事を頑張って、本当に29歳で今の実家を建てた。僕は、父より3年早く「わが家」を持つことになったわけだが、幼い頃から、何不自由なくボクシングに専念できる環境を作ってくれた父には改めて感謝だ。

井上尚弥が負けられない理由

家は現在設計中だ。外観は打ちっ放しのコンクリート、石などで固める予定で、明成塗装に外装をお願いする予定はない。間取りもざっくりと決めている。最初は、地下に秘密のトレーニングルームを設置しようと考えていた。だが、地下を掘る作業は大変のようで見積もりを取ると、それだけで4000万~5000万円もするらしい。マンション1室分の金額を見て、僕は、泣く泣く、それを諦めて1部屋をトレーニングルームにする設計計画に変えた。

設計する作業は楽しいが、キッチンをどうする? 内装のクロスはどうする?と、決めることが山ほどある。一生に1度の大きい買い物。完成してから「ここをこうすればよかった」という後悔をしたくない。完成予定は来年末。時間をかけて念入りに打ち合わせをしている。

また1つ負けられない理由が増えた。

次ページファイトマネーの意義
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。