接触確認アプリ、エンジニアが無償開発した訳

「オープンソース」で開発、内外の200人が結集

イギリスのオックスフォード大学が今年4月に発表した接触確認アプリの効果に関する研究によれば、「人口の約60%が接触確認アプリを使用すれば、局地的な流行を抑えられる」としつつ、「使用者がそれより少なくても、症例数(感染者数)と死亡者数は減少すると推定している」という。

坂下氏は、「このアプリだけでウイルスを退治できるわけではないが、(感染防止の)一部分を担うのは確か。例えば携帯キャリアがショートメッセージで告知したり、LINEが案内メッセージを送ったりなど、多面的にアプリが広報されることを期待したい」と話す。

海外での活用にも期待

廣瀬氏らは今回開発したアプリの国際化の対応を進めている。「今後も業務外の時間を使って、他国で(オープンソースのコードを使って)開発してもらうような働きかけをしていきたい」と同氏は話す。

翻訳の協力者の取り組みによって、現在は60近い言語への翻訳が進んでいるという。「日本に住んでいるのは、日本語話者だけではない。厚労省のアプリはリリース当初から英語や中国語(簡体字)にも対応した。さらに南米やアフリカなど感染爆発が起こり始めた国もある。そうした国でもコードはそのまま使えるようにしている。直近ではオーストラリアの開発チームから参考にしたいといわれている」(廣瀬氏)。

1人のエンジニアから始まった活動は、国全体を動かした。感染症対策に限らず、行政などあらゆる場面で官民連携によるテクノロジーの活用やオープンソースのソフトウェアの価値が見直されそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT