NGT、厚労省、日大にみる第三者委員会の不可解

不祥事になると必ず出てくる「伝家の宝刀」

発足から現状まで手厳しい評価を受けたAKSの第三者委員会だが、独立性・中立性に関しては、ほかにもネット上などでさまざまな噂や臆測が広まっている。筆者は第三者委員会委員への取材、ないし発足記者会見の開催を依頼した。理由は「選定プロセスを含めた広報が不十分なため、ファンをはじめ世間一般の委員会に対する期待感、信頼感が希薄である」と感じたためだ。

マスメディアを通じての所信表明や、調査の指針から留意する点、また第三者委員会に参画するまでの委員の経歴などを明らかにすること。これらが委員会の調査活動を円滑にし、かつステークホルダーに安心感を与えると考えての要請である。

それでも実効性があるのはこの委員会のみ

だが結果はかなわなかった。

3人の弁護士からはいずれも「本件の第三者委員会については独立性、中立性、公正性を保つため、取材は一切(例外なく)お受けしないことにしております」との回答だった。

残念ながら、これではステークホルダーのほうを向いているとは言いがたく、久保利弁護士の指摘するような「ファンのみなさんや被害者を含むアイドルたちが納得できる結果」が得られるかどうか、甚だ心もとない。

それでも、現時点で実効性がありそうな現実的な動きとしては、この委員会の活動のみである。走りながらの改善を望むと同時に、随時チェックしていくのがジャーナリズムの務めだ。引き続き、取材や情報収集を進め、今後の推移を見届けたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT