31歳、ゼロからやり直す「巨人ドラ1」の進む道

大阪桐蔭のエース・辻内崇伸と女子プロ野球

仕事は決して楽ではなかったが、大きな励みになったのは、やはり家族だった。疲れて帰ってきても、娘の顔を見れば「明日も頑張ろう」という気持ちになれた。

家族の支えをしみじみ感じていた辻内。『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達』(TBS系)は12月30日(日)夜11時から放送です(写真:TBSテレビ提供)

「それだけに今年の9月から妻と娘が秋田にある妻の実家に戻ったのは寂しかったですね。別居とかではなく、家庭の事情があって先に秋田に行ってもらったんです。仕事を終えて家に帰っても誰もいないというのは寂しかったですが、疲れているのですぐに寝て、すぐ朝が来て1日が始まる。そんな感じでした。来年5歳になる娘とは12月初旬に久しぶりに会ったのですが、またすごく成長していました。もう赤ちゃんではなく、女の子になっていましたね」

気になる今後については、どんなビジョンを頭に描いているのか。巨人を戦力外になった直後は「野球とは違う世界も見てみたい」として、不動産関係の会社に勤める方向で話を進めていた時期もあったが……。

「当時はケガで苦しんだこともあって、たしかに野球から離れたいと思っていました。だから、こうやって女子プロ野球で教えることになるとは想像もしていませんでした。でも、今思えば、あのときは野球でしんどい思いをして、不貞腐れていましたね(笑)」

最終的には奥さんの「野球に携われるならやってみたら」との後押しも受け、セカンドキャリアに女子プロ野球を選んだわけだが、その決断について問うと、辻内は前を見据えてから言葉を繋いだ。

辻内が描く「サードキャリア」

「本当にいい方向に進めていると思います。この仕事だからこそ、5年間でいろいろな方に数多く出会えた。あそこで野球を諦めて普通の仕事に就いていたら、それらの出会いはなかった。ただ、もっと勉強や経験を積んでから、また指導者になりたいという思いはありますが、次も野球に携わる仕事に絞っているかといったらそうではないです。一般の企業に勤めているかもしれません。それも自分の糧になるはずですから。

住所も秋田に移しますが、だからといって、秋田で働くとか、終着駅だとも決めていません。妻も娘もいますからゆっくりするつもりはないですが、人生は1度きりなので妻と、妻のご両親ともしっかり話し合って次を決めるつもりです。どんな仕事をするにしても、この5年間で得たものを無駄にせず、サードキャリアに向かいたいです」

サードキャリアに向け辻内は歩みを進めている。『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達』(TBS系)は12月30日(日)夜11時から放送です(写真:TBSテレビ提供)

まだ31歳。すべての経験を肥やしに変えながら、前に進んでいくつもりだ。

(敬称略、文:鷲崎 文彦/スポーツライター)

『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達』(TBS系)は12月30日(日)夜11時から放送。突然職を失った男には幼い2人の娘が…!! 生き残りを懸けたトライアウトに挑む!!【TBS】
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT