芸人ヒロシがYouTubeに見つけた人生の神髄

「君も好きなことだけして生きていける」

ヒロシさんは、熊本県荒尾市に生まれた。荒尾市は20世紀前半に炭鉱の街として栄えた街だった。ただヒロシさんが生まれた20世紀後半は、炭鉱が閉山になっていく衰退の時代だった。

「父親も炭鉱作業員でガツンガツンとやっていました。とても教育熱心な人でした」

父親には学歴がなく、肉体労働しか選択肢がなかった。息子には大学を卒業して、いい会社に入って安泰な人生を送ってほしいと願っていた。

ヒロシさんも父親の意思には逆らわず、キチンと勉強するまじめな子どもだった。

「でも小学校の頃から人となじめなかったですね。正月とかに親戚が家に集まると、居間には行きたくなかったです。普段会わない人と何をしゃべっていいかわからないんですよ。

標準語をしゃべる神奈川のいとことかに対して、劣等感を抱いてもいました」

小学校時代に漫才ブームが訪れた。中でもツービートの漫才が大好きだった。その時はじめて

「お笑い芸人という仕事があるんだ」

と気づき、あこがれを持ちはじめた。

イジメに遭って気づいたこと

「小学校の時に転校したんですが、転校先でイジメに遭ったんです。月に1回『誕生月の人を祝う会』というのがあったんですが、みんな歌を歌ったり、花輪を作ったりしていました。僕はドリフターズのマネをしたんですね。そうしたらすごくウケて、イジメが少し収まっていったんです。

『そうか、笑わせればいいんだ』

って気がつきました。そこが原点ですね」

ヒロシさん自身は、中学を卒業したら即お笑い芸人になろうと考えていた。「なんにせよ早いほうがいいだろう」と思っていたからだ。

ただ、進学してほしいと願う父親に逆らってまで、お笑いの道に進むことはできなかった。高校の成績もよく、学校推薦で九州産業大学の商学部に進学した。

「僕はやっぱり『普通の人』なんですよね。芸人になりたいとは思っていたけど、それでも普通に就職して、普通に生きていくんだろうな、と感じていました」

そしてそのとおりに、大学卒業後は保険会社に就職した。

「営業の部署だったんですけど、地獄でした。会社でも誰とも話せないし、どうしていいかもわからない。毎日つらくて、そのうちつらさが身体に出るようになりました」

朝起きると頭痛が出るようになった。会社が休みの日には出ないので、精神的なものなのだろう。

1カ月で、会社に行かなくなった。

「ある日家で起きたら、支店長が枕元に立ってました。そして『もうちょっと続けなさい』って言われました」

「少しは契約を取ってこい」と言われ、親類縁者に入ってもらって契約を取った。結局、半年間我慢して働いて会社を辞めた。

次ページまともな道は歩いていけない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。