セルジオ越後「日本人は現実が見えていない」

「日本代表は強い」はファンの錯覚でしかない

日本はそれが多いから、ブームで終わってしまう。ブラジルでは、ワールドカップで活躍できなければ、CMから降ろされます。本業であるサッカーで活躍できない選手をCMに使い続けると、「なんで、アイツを使っているんだ!」というクレームが入るので、逆にその企業のイメージダウンにもつながってしまいます。

本当に勝ちたいなら、変える必要がある

――個人個人が疑問を抱き、主張しなければ、状況は変わりそうにありません。

メディアは金儲けをして、ファンは安易な感動を得ているだけ。これではスポーツ選手の地位も上がらないし、スポーツを楽しむこともできない。本当に勝ちたいなら、変える必要があるけれど、日本の人々が変えてまで勝ちたいと思っているとも思えません。たとえば、バレーボールは主要な世界大会が日本でしょっちゅう開催されていて、前座としてアイドルのコンサートが開かれ、会場を埋めるのもそのアイドルのファンだったりします。

でも、オリンピックは海外で開催される。本当に強くなり、オリンピックでのメダル獲得を目指すなら、日本でばかり戦っていても生ぬるいだけ。でも、金儲けをしたいから、そうなってしまう。かつてブラジルは日本からバレーボールを学んだけれど、今では勉強することはないと言っています。日本はブラジルからサッカーを学ぼうという気があるのでしょうか。

日本は島国で、国内ですべてが成り立っている国だから、国際的な情報に弱い。海外との差を認識できず、日本はスポーツが強い国だと錯覚してしまう。これも、日本のスポーツが強くならない理由のひとつ。そのことに気がつかないし、あるいは、マスコミは気がついているのに、儲けるためにあえて報道しないようにみえます。

サッカーに関して言えば、このままでは日本は暗黒の時代に入ってしまいます。サッカーを生業としている人、特に解説者は声を上げないと、自分の住んでいる世界がどんどん縮小していきます。クビを切られてからでは遅いんですよ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT