スリル満点!バスで結ぶショートカット鉄旅

1日1本や冬期運休…行けるかわからない?

長良川鉄道の終着駅、北濃。山を越えて線路はつながるはずだったが…

押し寄せる仕事の波を片付けて手に入れた、束の間の自由。年越しの終夜運転や初日の出列車、季節・臨時列車、雪景色の絶景車窓など、冬は非日常が楽しめる鉄道イベントが目白押し。今こそ気になっていた路線を訪れてみよう。

駅と駅とを鉄道以外の方法でショートカットしてつなぐ旅。意外な乗り継ぎができるルートがこの国のあちこちに存在し、旅に新たな楽しみを与えてくれる。しかし、ルートを見つけたからといって必ずしも成功するとは限らないのがこの旅のスリルあふれるところだ。

今日は、この冬私が注目したとある駅をご紹介したい。
長良川鉄道・北濃駅だ。

つながらなかった路線を結んで…

この連載の過去記事はこちら

美濃太田駅を出発すると、長良川鉄道は他のどの路線とも接続することなく岐阜県を北上していく。

沿線には美濃市の和紙や鮎料理、郡上八幡の城下町、郡上踊りなど魅力的な観光ポイントが揃っているが、ずんずん進んでいくとそんなワクワクした気持ちに水を差すように、線路は三方を山に囲まれた行き止まりにぶち当たってしまう。古い転車台(ターンテーブル)の傍にポツンと置かれた終着駅が、北濃駅である。

画像を拡大
岐阜県を走る第三セクターの長良川鉄道

北濃駅は国鉄・越美南線の駅として昭和9(1934)年開業。現在は第3セクター長良川鉄道の駅となっているが、もともとは遥かな山を越えてJR西日本・越美北線と接続し「越美線」として完成する計画であった。

しかし夢は叶う事なく結果的にここが終着駅に。地図を見ても「あと少しで繋がったのに」とちょっと悔しい。

この分断された未成線部分を補完するように、2002年までジェイアール東海バスが運行を続けていたバス路線も不採算のため廃止に。それ以来、この区間を直通する交通機関が途絶えてしまった。

次ページ抜けられる?「高」難易度ルート
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT