スリル満点!バスで結ぶショートカット鉄旅

1日1本や冬期運休…行けるかわからない?

北濃駅で折り返して2時間同じ道のりを延々戻るより、どうにか他の駅に繋げて旅をつづけることはできないか。ショートカット・ルートを探すと、意外なルート情報をネット上で見つけることができた。

【1】 長良川鉄道・北濃駅→越美北線・九頭竜湖駅
【2】 長良川鉄道・北濃駅→高山本線・高山駅  
【3】 長良川鉄道・北濃駅→城端線・城端駅   

実はこれらは、様々な条件が揃わないと辿りつけない難易度「高」のルートであった。中には1日1本のバスを逃すとアウトといったケースもあり、実にスリリング。本当につながるのか自分の足で確かめてみたいと思い、実は【1】のルートを2011年夏に体験してみることにした。結論からいうと結果は「○」。無事に辿り着くことができた。

【1】北濃駅→九頭竜湖駅ショートカット
長良川鉄道・北濃駅→(白鳥交通バス・石徹白線)→石徹白バス停→(徒歩・約2時間)→家族旅行村バス停→(大野市営バス・前坂線)→九頭竜湖駅
画像を拡大
北濃駅から九頭竜湖駅までのショートカット経路。バスのない区間は2時間歩く

北濃駅から更に北上する白鳥交通バス・石徹白(いとしろ)線の出発時刻は6:10、12:30、17:50の1日3本(2015年12月現在)。

朝の6時台はこの場所を訪れること自体難しく、18時台は暗くて山道の徒歩移動は不安なため現実的に12時台のバス(12:30出発)を選択することに。

北濃駅を出発したバスで石徹白バス停へ。そこからハイキング気分で福井県道127号線の舗道を約2時間歩く。石徹白ダムのそばを通る眺めのいい道で、気分も上々だ。

九頭竜湖駅まで歩くのはさすがに長すぎてバテてしまうので、途中の家族旅行村バス停で大野市営バス・前坂線に乗って九頭竜湖駅入りするのがおすすめだ。九頭竜湖駅18:30出発の列車で福井駅方面へつなげる。

おそらくこの日同じ経路で旅した人は自分しかいない。福井駅入りが成功した時の満足感は半端ないものだった。どうやって来たの?と聞かれたら「はい、越美線の未成線沿いを歩いて県境越えました!」と自信満々に答えてしまいそうなほどだった。

バス・ショートカットで注意すべき点

画像を拡大
北濃駅前のバス停。ここに来るバスの時刻表をよく読むと…

バスでショートカットを試みる場合は、事前に十分把握すべき情報がある。「冬期(季節)運休」「日曜運休・土日運休」「学休日運休」だ。

【1】のルートで使用した福井県道127号線は、雪が降り始める11月頃~春先まではショートカットとしては使用できない。実は冬期通行止めのルートなのだ。地図を眺めただけで行けるかも!と早とちりすると痛い目に遭ってしまう。

実際に痛い目に遭ったのが2015年12月上旬、再び北濃駅を訪れたときのことだ。北濃駅からバスを乗り継いで高山本線・高山駅にたどり着く【2】のルートを踏破してみようと準備万端(のつもり)で訪れた。しかし北濃駅バス停の時刻表を前に、立ち尽くすこととなる。

次ページ必ず行けるとは限らないスリル
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最強組織のつくり方
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。