中国のiPhone工場、今年の春節は操業せず

需要鈍化の兆し

1月6日、米アップルのiPhoneを受託生産する台湾の鴻海精密工業は、今年2月の春節期間中は中国の工場を稼働させない見通し。広東省深センにある同社傘下の富士康科技工場で2012年12月撮影(2016年 ロイター/TYRONE SIU)

[台北 6日 ロイター] - 関係者によると、米アップル<AAPL.O>のスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」を受託生産する台湾の鴻海精密工業<2317.TW>は、今年2月の旧正月(春節)期間中は中国の工場を稼働させない見通し。

中国で最大の休暇期間となる春節の連休中、同社は例年、数倍の超過勤務手当を出して工場での生産を続けてきた。アナリストは今回の動きを需要鈍化の兆しとみている。

アップルがiPhoneの最新モデル「6S/6Sプラス」の1─3月期の生産量を計画より3割程度減らす見通しとの報道や、アップル供給メーカーによる市場見通しの弱さを受けて、アップル株は大きく下落した。

6日の米株市場では、アップルの株価は一時8月24日以降で初めて100ドルの水準を割り込んだ後、やや値を戻し2.0%安の100.70ドルで通常取引を終えた。

鴻海精密工業は中国の工場で数十万人を雇用し、iPhone最新モデルを生産している。

同社は声明で「春節の連休中の操業スケジュールは検討中」と述べたが、詳細は明らかにしなかった。アップルからのコメントは得られていない。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT