青学・原監督が「言葉の力」を重視するワケ

箱根駅伝39年ぶり完全優勝の秘密

激闘を終えた翌朝の1月4日、私は「スッキリ!!」(日本テレビ)の現場で彼ら優勝メンバーと会う機会に恵まれました。

現場では渡辺選手自らの口から「復讐」のエピソードが披露されましたが、それを聞く原監督はひとつも動 じることなくニコニコとしていたのが印象的。むしろ「こういう『復讐』という語彙も、自分の中から出てくるからこそ意味がある」と解説を加えつつ、「言葉の力」を強調していたのです。

日ごろから「言葉の力」をたたき込まれているからか、メンバーたちのインタビューの受け答えが実にそつがないことにも、驚かされました。

その他、「学生が『僕はこう考えます』と言ってきたら、正反対の意見でも、まずは思うようにやらせてみる」など、チームマネジメントに役立つようなコミュニケーションテクニックは、数え上げればキリがないほどです。

監督婦人の「言葉の力」も

実は原監督の妻・美穂夫人も「言葉の力」に長けた人物のようです。

一介の中国電力のサラリーマンだったところへ監督の話が舞い込んできたのは、2003年のこと。オファーは3年間の嘱託契約で将来の保証はなく、しかも広島に自宅を購入したばかりだった原家。当然、美穂夫人は反対しますが、内心、本気で止めようとは思っていなかったのだとか。

「反対して反対して、それを押し切ってでも『やる』と言わせたほうが、夫としても強い覚悟ができるのでは」という狙いがあったそうで、そういう意味では原監督自身も、妻からの巧みなコミュニケーションにうまく乗せられたのかもしれません。

現在、監督夫妻はふたりで学生寮に泊まり込み、選手たちと寝食をともにしています。一見、のんびり放任主義に見える指導も、24時間・365日一緒にいて選手の状態を常に把握し、家族のような信頼関係あってこそのもの。

原監督流のやり方を部下とのコミュニケーションに取り入れようと思うなら、安易に「じゃあ、うちも言葉を大事にするぞ」などとぶちあげるのではなく、まずはきちんと部下と時間をかけて向き合い、確かな信頼関係を築くことから始めるべきなのかもしれません。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • 最新の週刊東洋経済
  • おカネと人生の相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?