「梅田北ヤード」に期待と不安が交錯、難航必至か?関西最大級の再開発《NEWS@もっと!関西》


 開発遅れの理由は、昨年2月に開発地区のビル容積率を大幅緩和することを決め、それに伴う事業計画の見直しが必要になったためだ。「延期された期間の中で、ソフトの充実を図ることができる」(大阪北駅地区まちづくり推進協議会)、「サイズも期待も大きいプロジェクト。着々と進行しています」(KMO設立準備委員会)と、関係者側は強気の姿勢を崩さない。 

一方、開発が遅れているのは「入居者確保にメドが立たないからではないか」との声もある。先行区域には高層ビル4棟が建設され、商業施設やオフィスなどが入居する計画だが、キーテナントなどは、まだ発表できる段階ではない。まだこれから。見守って欲しい」(KMO設立準備委員会)と、交渉はこれから本格化するようだ。

周辺では新北ビルだけでなく、「梅田阪急ビル」(12年春開業予定)や大阪中央郵便局跡地の超高層商業施設(12年開業予定)など、高層ビルの建設計画が目白押し。テナントやオフィスの誘致合戦が過熱することは容易に想像できる。世界的な不況を背景に、金融機関が不動産関連融資を絞り込んでいることから、資金調達面での不安も残る。

「新しい大阪の玄関口」として期待される北ヤード開発だが、逆風下での開発の行方には注視が必要であろう。


【再開発完成イメージ】

(梅咲 恵司=東洋経済オンライン)
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。