「都市鉱山の開拓者」を襲った死亡事故の裏側

DOWAの銀粉工場で何があったのか

DOWAは2006年、持株会社制に移行し、5つの事業部門を別会社化した。子会社として設立されたDOWAエレクトロニクス、DOWAメタルテックがそれぞれ電子材料、メッキ加工事業を担い、その両社が折半出資して生まれた生産会社が、今回事故を起こしたDOWAハイテックだ。持分本社から見れば、孫会社となる。

孫会社のDOWAハイテックは、経営単位の細分化で迅速な意思決定が可能になる反面、生産技術・研究機能は持株本社直轄のDOWAテクノロジーに集約された。孫会社にすれば、ただでさえ高い本社・技術部門の敷居がいよいよ高くなったであろうことは、想像に難くない。

しかも、ニッチ・トップの銀粉部門は旺盛な需要に応えるべく、ここ4~5年で能力を3倍に拡大した。ただしDOWAハイテック全体としては、人員は横ばいのまま。この間、負担が強まる現場と、高度な知見を持つ本社の技術・研究部隊が、緊密かつ率直な連携プレイを実現できていたのかどうか、が疑問である。

本庄工場はすべてのライン停止

秋田県の小坂銅山を発祥とするDOWAは、小坂銅山に特有の「黒鉱」に鍛えられてきた。黒鉱はメインの銅の品位は低いが、金や銀の含有量が多い。多様な貴金属を抽出する製錬技術に磨きがかかり、その技術がDOWAを「都市鉱山」(基板や電子部品から貴金属を回収する)産業のパイオニアに押し上げた。DOWAハイテックの工程排水から銀を回収するプロセスも、この伝統とイノベーションの系譜の中にある。

だが、3日の事故以来、排水からの回収プロセスだけでなく、本庄工場のすべての操業が止まっている。どころか、捜査上の「事故現場の現状保全」のため、社員の工場立ち入りもままならない。

ちょうど2年前の1月、メンテナンス中に熱交換器が爆発した三菱マテリアル・四日市工場。やっと操業再開にこぎ着けたのは半年後だった。

DOWAホールディングスの電子材料部門の経常利益は2014年度96億円。この3分の1近くをDOWAハイテックが稼ぎ出していたと見られる。持株本社の経営陣は今、「安全こそ最良の投資」という、言い古された、しかし、決して古びることのない警句を改めて噛みしめているはずである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT