ノルディックスキー、葛西紀明は10位

ワールドカップ、ジャンプ第10戦予選

 1月2日、ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子、伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦の予選で葛西紀明は10位だった(2016年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

[2日 ロイター] - ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は2日、オーストリアのインスブルックで伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(HS130メートル、K点120メートル)の予選を行い、葛西紀明は10位だった。

葛西は125メートルを飛んで、118.6点。伊東大貴、竹内択はともに117.2点で11位。作山憲斗は33位。栃本翔平は35位。小林潤志郎は38位だった。

日本勢6人全員が3日に行われる本戦に進んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。