泥沼訴訟で笑うのは? 過熱するスマホ特許戦争 アップルVS.サムスン 

拡大
縮小

 ではこれでサムスンが土俵際に追い込まれたのかといえば、そうではない。かつてソニーの知的財産担当役員を務め、現在、特許プール会社のアルダージを経営する中村嘉秀氏は「この裁判はアップルのiOS対グーグルのアンドロイドのビジネスモデルをめぐる戦いと見るべき」と指摘する。

「仮にアップルが負け、和解して安い特許料をお互い払うとの決着にでもなればアップルは不利になる。アンドロイド陣営はメーカー数が多いだけに、アイフォーンがアンドロイド陣営にのみ込まれてしまうおそれがある。そのためアップルはいかなる権利を使ってでも負けるわけにはいかない」。

識者の間では「サムスンは今後、陪審判断の否決を求めると同時に、上告するとみられ、最終的には最高裁まで行く可能性もある」(特許権に詳しい、米ビラノーバ大学法学部のマイケル・リッシュ准教授)との見方が大勢で、裁判の長期化は必至。その間スマホには特許で保護された新しい技術、機能が加わり、アップルの意匠権の重要性は、相対的に薄れていく。長期化するほどアンドロイド陣営にとっては有利なのだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT