泥沼訴訟で笑うのは? 過熱するスマホ特許戦争

アップルVS.サムスン 

 ではこれでサムスンが土俵際に追い込まれたのかといえば、そうではない。かつてソニーの知的財産担当役員を務め、現在、特許プール会社のアルダージを経営する中村嘉秀氏は「この裁判はアップルのiOS対グーグルのアンドロイドのビジネスモデルをめぐる戦いと見るべき」と指摘する。

「仮にアップルが負け、和解して安い特許料をお互い払うとの決着にでもなればアップルは不利になる。アンドロイド陣営はメーカー数が多いだけに、アイフォーンがアンドロイド陣営にのみ込まれてしまうおそれがある。そのためアップルはいかなる権利を使ってでも負けるわけにはいかない」。

識者の間では「サムスンは今後、陪審判断の否決を求めると同時に、上告するとみられ、最終的には最高裁まで行く可能性もある」(特許権に詳しい、米ビラノーバ大学法学部のマイケル・リッシュ准教授)との見方が大勢で、裁判の長期化は必至。その間スマホには特許で保護された新しい技術、機能が加わり、アップルの意匠権の重要性は、相対的に薄れていく。長期化するほどアンドロイド陣営にとっては有利なのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT