4Kテレビ、ひそかに盛り上がり始めたワケ

ソニーは、テレビ事業で11期ぶりに黒字化

テレビ事業で赤字続きだった大手メーカーも、年間ベースではようやく黒字を狙える状況になってきた。

国内の4Kテレビ市場は、ソニー、パナソニック、シャープ、東芝の4社がそれぞれ、シェア2〜3割で、しのぎを削っている。

ソニーは固定費の削減や4Kシフトが効いて、2014年度にテレビ事業で11期ぶりに黒字化を達成した。パナソニックも2015年度上期に黒字化にこぎ着け、通期でも黒字となれば8期ぶりとなる。

各メーカーの姿勢はまだ慎重

経営危機に瀕しているシャープは、不振の海外拠点を縮小する一方で、国内の生産台数を増やした。2015年度のテレビ事業は、中国が足を引っ張り4〜6月期は赤字だったものの、7〜9月期は何とか黒字化にこぎつけている。

しかし、テレビに対するメーカーの姿勢は、まだ慎重だ。過剰投資による負の遺産に苦しめられてきた経緯もあり、「在庫は持たず、早く回転させるのが基本」(パナソニック)。「設備投資を膨らます予定はない。テレビ事業は極力固定費をかけずにやっていく」(ソニー)。赤字への逆戻りだけは避けたいという思惑が透けて見える。

4K普及で高画質化のニーズが飽和状態のとき、次なる成長シナリオをどう描くのか。長い冬を越え迎えた春は短いかもしれない。

「週刊東洋経済」2016年1月9日号<4日発売>「核心リポート05」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT