吉本興業のタイ事業を背負うタイ人の正体

韓流に負けない「日本のよさ」をもっともっと

その点、MCIPは民間が出資しているから、シビアです。タイよしもととしても失敗する事業はできない。僕自身、ほとんどの時間をここに注ぎ込んでいます。

今、MCIPのプロジェクトとして考えているのは「リアル・ジャパン」。お笑いやライブも含め、ジャパン・コンテンツに手を触れて、肌で共感できるスペースを作りたい。しかも、リアルであると同時に、ネットでもつながるコミュニティ。どんな形がいいのか、僕にもまだ分からない。ただ、「バンコク花月」をやったのではダメでしょうね。

――タイでジャパンコンテンツを広げる鍵は何でしょう。

日本を好きな人はもう好きなんです。でも、日本に旅行に行ける若者が増えている一方、まだまだ日々の生活に追われている若者が大勢いる。タイではどうしても貧富の差を考えざるを得ない。

日本に旅行し、寿司も食べている富裕層のほうに焦点を合わせれば、当面、おカネは取れる。けれど、次につながるか。

ジャパンコンテンツを深く浸透させようと思ったら、生活に追われている、もう一方のマーケットを攻めていくしかない。富裕層をしっかり押さえながら、もう一方のほうもテストしていく。この二つ、やり方は違うでしょうね。同じようにやってもうまく行かない。

それから、一口にASEANと言っても、各国の文化はみんな違う。共通のスタンダードはない。だから、ジャパン・コンテンツをアジアに広げるやり方も一様ではない。

タイ人のカルチャーとかかわって双方向で

タイはタイで、タイ人がオリジナルなカルチャーを作る時代に入ってきている。そこに日本の要素をどう持ち込んでいくか、というのがタイよしもと。タイのオリジナルなタレントを日本にデビューさせてもいいし、「住みます芸人」とタイ人がコンビを組んでもいい。一方通行(の押し付け)ではなくて双方向。そういうことができるのは、タイよしもとだけでしょう。

アイリスオーヤマの大山健太郎、吉本興業の大崎洋という二人のカリスマから僕が学んだのは、ぶれないこと。吉本興業は104年間、地道にやってきた。タイよしもとも、ぶれずに、次につながることを着々とやっていきます。

で、目下、タイよしもとで一番大変なのはスタッフの確保。日本語もエンタテイメントも分かるという人間はざらにいないので。

ねぇ、大崎社長、そろそろ、日本人スタッフを送ってくれてもいいんじゃないですか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。