日経とFT取り合った独巨大メディアの正体

老舗アクセル・シュプリンガー変貌の軌跡

最初に米企業に投資したのは12年。民泊紹介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)にそれほど多額ではないが出資を行った。デップナーがAirbnbの創業者ブライアン・チェスキーに会ってほんの数週間後のことだった。

「成長の可能性と、ビジネスモデルのシンプルさに驚いた」とデップナーは言う。金銭的な投資だけでなく、アクセル・シュプリンガー傘下の不動産ポータルサイトimmonetは、ドイツでAirbnbとマーケティングで協力することになった。

「安住の地」から無理矢理外に出す

Airbnbへの投資を決めたのと同じころ、シリコンバレーにはアクセル・シュプリンガーの経営幹部3人が送り込まれていた。デップナーによれば、経営幹部を「安住の地から」無理やり外に出すことを意図して行ったプログラムだったという。これ以降、同社では幹部社員向けの研修を制度化し、パロアルトに支社を置くことになった。

「社員には学ぶ姿勢を持って欲しいと思っている」とデップナーは言う。ちなみにデップナーはベースギターが得意で、フランクフルト大学で音楽学と演劇を学び、ボストンのバークレー音楽院に留学した経験を持つ。

「この非常に変わった方法により、絆は非常に深まった。社風という点では、大きく変える効果があった」

ビルト紙のカイ・ディークマン発行人

ビルト紙のカイ・ディークマン発行人(51)も、パロアルトでの経験を通し大きく変わった。かつてのディークマンは典型的なドイツのメディア企業の幹部で、オーダーメードのスーツに身を包み、広い個人用オフィスで仕事をしていた。だがパロアルトから帰ってきた時には、フード付きのスウェットを着てスニーカーを履き、もじゃもじゃのヒゲを生やしていた。

また帰ってきたディークマンは、明確なメッセージを部下たちに示した。「ミスを恐れてはならない、失敗は成功のもとだと考えろと話した」と彼は言う(その後、彼はひげを剃り、着るものはビジネスカジュアルにした)。

次ページ代表紙「ビルト」はどう変わったか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT