アメリカ経済は復活するのか “日本化”で低成長期に移行?

雇用が改善しないことには、家計所得も伸びず、家計の負債圧縮も進まない。米国のGDP成長率の伸びはこれまで、7割が消費の伸びによって支えられてきた。

みずほ総研の小野氏は、所得期待の落ち込みが、消費の抑制を通じてさらに悪循環をもたらす可能性を指摘している。

現在、日米独の長期金利が歴史的な低水準となっている。日本の金利は足元で0・7%台となっている。ただ日本の場合は、03年に0・4%まで下げた実績がある。また潜在成長率が0・5%、インフレ率がゼロ近傍と考えれば、今の金利は説明がつかないほど低いとはいえない。

これに対し、米国、ドイツの金利は史上最低となっている。米国の潜在成長率を仮に2%とすれば、インフレ率が2%であることを考えると、リスクプレミアムがゼロなら長期金利は4%が妥当な水準となる。しかし、はるかに下回っている。

一般的に今の低金利の現象は、金融緩和による過剰流動性が存在する一方、ユーロ危機により、投資家のリスク回避が行きすぎているため、消去法で相対的にリスクの低い日米独の債券に資金が集まっていると説明されている。であれば、債券バブルであり、リスク回避行動が緩和されれば、いずれはバブルがはじけて、金利は高くなるはずだ。

歴史的な超低金利は何を物語るのか

だが、みずほ総研の小野氏は「過去にない長期金利の低さには、成長期待の下方屈折が織り込まれている可能性がある」と見る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT