ソニーはユーロ安の逆風に加え、スマホがデジカメとゲームを侵食。通期業績見通しを大幅下方修正

ソニーはユーロ安の逆風に加え、スマホがデジカメとゲームを侵食。通期業績見通しを大幅下方修正

ソニーは8月2日、今2013年3月期の第1四半期(12年4~6月期)決算を発表した。売上高1兆5151億円(前年同期比1.4%増)、営業利益62億円(同77.2%減)となった。

前12年3月期は東日本大震災の影響が第2四半期に大きく出たため、今第1四半期については「会社計画よりも良かった」(神戸司郎業務執行役員)。にもかかわらず、通期計画の下方修正を今回発表。売上高は前期比4.7%増の6兆8000億円(期初計画は7兆4000億円)、営業利益は1300億円(同1800億円)となる見通しだ。東洋経済も会社の修正見通しを妥当と判断して、下表のように予想を見直す。

ソニーが前回の発表からわずか3カ月で今期計画を修正した背景には、ユーロ安が大きく影響している。期初前提の1ユーロ=105円前後から、同100円前後に見直した。ソニーの場合、対ユーロで1円円高により営業利益60億円の減益要因となる。新興国通貨などの影響も加えると「為替影響だけで500億円の営業利益の下押し要因」(IR部門の橋谷義典部門長)となる。

さらには欧州を中心とした景気悪化を理由に、エレクトロニクス製品の販売計画も下方修正した。コンパクトデジタルカメラは期初計画2100万台から1800万台に、携帯型ゲーム機「PS Vita」「PSP」は同1600万台から1200万台に引き下げた。特にデジタルカメラはスマートフォンに需要を食われている。PS Vitaも普及が思うように進まない。ソニーはスマホの販売計画については同3330万台から3400万台に上方修正したが、この程度なら誤差の範囲。デジカメの減少をまるで補えていない。

問題のテレビ事業についても販売計画を同1750万台から1550万台に引き下げたが、「今期の800億円程度の赤字計画に変更はない」(橋谷部門長)。テレビやデジカメ、ゲームなどの販売数量引き下げの影響については、材料調達やオペレーション効率化などのコストダウンでカバーするという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT