ソニーはユーロ安の逆風に加え、スマホがデジカメとゲームを侵食。通期業績見通しを大幅下方修正

並行して進めるのがリストラだ。化学事業の売却に伴い約3000人の従業員がグループを離れるほか、さらに国内外で7000人の人員削減を今下期を中心に行う。この効果は来14年3月期に現れることになりそうだ。 

平井一夫社長の下で大幅な事業見直しやリストラを進めているソニーだが、同社に必要なのは稼げる商品を生み出すことだ。コア3事業に掲げたデジタルイメージング、ゲーム、スマホは、現時点で勢いがまるで感じられない。14年3月期に向けても、回復への道のりは不透明感を増しているように見える。

(前田 佳子 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売上高  営業利益 経常利益  純利益
◎本2012.03  6,493,212 -67,275 -83,186 -456,660
◎本2013.03予 6,800,000 130,000 150,000 20,000
◎本2014.03予 7,100,000 170,000 180,000 30,000
◎中2011.09  3,069,910 25,865 23,214 -42,479
◎中2012.09予 2,900,000 40,000 50,000 10,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
◎本2012.03  -455.0 25 
◎本2013.03予 19.9 25 
◎本2014.03予 29.9 25 
◎中2011.09  -42.3 12.5 
◎中2012.09予 10.0 12.5 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT