導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その2

 「タレントマネジメントシステム」をまだ導入されていない企業に対して、個別のシステムについての満足度を聞いたところ、「どちらでもない」との回答が57%と最も多い。「満足」とした企業が19%だったのに対し、「不満」とした企業が24%とやや多くなっている。

 不満の理由を見てみると、「個別システムでは、汎用性・柔軟性が不足する」「DBが増えて管理が煩雑」「データの追加・修正・削除などを複数回入力する必要があり、その確認に手間がかかる」「社員個々人の能力を把握するのが難しい」などの声が多い。タレントマネジメントシステム導入企業では、「不満」との回答は1社もなく、対照的な結果となっている。

図表3:個別システムの満足度

●人事系システムベンダーの選定基準は、カスタマイズ対応力と人事業務への精通度

 人事系システムを提供する多数のベンダーから1社を選ぶ基準は何か? 今回の調査では「カスタマイズ対応力」55%と「人事部門の業務への精通度」53%の2項目が過半数を占めた。続いて「価格競争力」44%、「画面の操作性」42%が4割を超えている。「情報提供力」や「コンサルティング力」はそれほど期待していない。

 そして人事系システムベンダーに対する要望として挙げられているのは、「業務効率化」30%、「統合管理」18%、「コスト削減」15%、「操作性・GUIの改善」15%、「システムメンテナンス対応」12%などの項目だ。

図表4:人事系システムベンダー選定基準

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。