導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その2

 今回の調査では「今後利用したいBPOサービス」も合わせて質問している。「現在利用しているBPOサービス」と合算したグラフを紹介する。10%以上の項目は、「給与管理(給与・手当・賞与・税金・振込)」28%、「社会保険管理(資格取得/喪失・給付・納付等)」28%、「年末調整」26%、「勤怠管理」15%、「福利厚生管理(社宅/寮・財形・生保・慶弔・融資)」15%だ。これらの業務は定型的で外部にアウトソーシングしやすいということだろう。

 10%を切っている項目は、人事制度や採用、考課に関するものだ。大手企業では、新卒採用で何らかのアウトソーシングを利用していない企業の方が珍しく、企業規模による差は大きそうである。

図表7:利用しているBPOと、今後利用したいBPOの合算

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。