北朝鮮経済、4年連続でプラス成長していた

経済制裁が効いていない?

北朝鮮は4年連続で経済成長をしているようだ

北朝鮮の国民総所得(GNI)は2014年基準で韓国の21分の1、貿易総額は144分の1−−。そんな統計が発表された。

韓国の統計庁が15日に発表をしたのは「2015北韓(北朝鮮)の主要統計指標」。冒頭の指標以外では、人口は北朝鮮が2466万2000人、韓国が5042万4000人とほぼ2分の1の規模、1人当たりGNIはそれぞれ139万ウォン(約19万円)、2968万ウォン(306万円)と21分の1となっている。また、経済成長率は1.0%、3.3%と北朝鮮がこの程度は経済外成長していることを示した。

人口は韓国の半分、1人当たりGNIは14万円

貿易総額は北朝鮮76億ドル(約9259億円)、韓国1兆0982億ドル(約134兆円)と144分の1規模、コメの生産量は北朝鮮215万トン、韓国424万トンと発表した。

移動通信電話の加入者数のデータもある。人口100人当たりの加入者数は、北朝鮮が11.19人、韓国が115.54人。北朝鮮は韓国の10分のの1規模となっている。

今回発表された統計は、韓国の各調査機関が調査した2014年の北朝鮮の経済統計となる。特に注目されるのが、北朝鮮が1%成長と韓国側が推定したことだ。

これについて、北朝鮮経済に詳しい帝京大学の李燦雨(リ・チャヌ)教授は「成長率は低いものの、4年連続でプラス成長と推定したことに意味がある」と指摘する。李教授によれば、韓国銀行は2011年に0.8%、2012年1.3%、2013年1.1%、そして2014年1.0%と発表していると紹介、それは「北朝鮮が国連の経済制裁や日本・韓国の経済制裁が続いているなかでのプラス成長が続いていることを示すためだ」と言う。

次ページ韓国政府発表の北朝鮮統計をどう読み解くか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT