ライザップと「GDP600兆円目標」は似ている

TKO木本、ボディの次は脳を引き締め!

松本:日本は今から20年ぐらい前にデフレに入った時に、名目GDPじゃなくて実質GDPという概念を持ち出した。実質GDPを上げていけばいいという、目標設定の仕方を僕は間違えたと思うんです。その結果日本は名目GDPが上がらない。つまり国の目標が名目GDPを増やさなくていいよとなったので、企業もみんな努力しない、工夫しなくなったんではないかと考えるんです。

イノベーションと正しい目標設定が大事

木本:それはまずかったですよね。

松本:これを2020年に600兆円にするんだと。で、年率3、4%は名目GDPを増やすんだという正しい目標があれば、2回目の講義のTPPのように、じゃあ競争力をつけようとか、イノベーションを起こそうというマインドになる。イノベーションによるGDPの振れ幅って、年率1〜3%あるといわれています。日本の企業も日本の経済も、最近あんまり変わっていないのではないかと思うんです、いろいろ。それをもっとイノベーションを起こしながら、上手く変わっていく。それだけで年率1〜2%はGDPが増えるんですよ。

木本:確かに経済とかあんまり変わってない印象です。

松本:それに加えてほかのこともやっていくと、年率3、4%増やすなんてことは案外普通にできるはずで、そうすると2020年にはGDPが600兆円になる。

木本:僕たち国民の消費量も増えているということですよね。

松本:消費を増やすためには何が必要だと思いますか。

木本:おカネですね。給料も上がっていかないと。

松本:給料が上がらないと消費は増えないので、給料も上がり消費も増える。その積み上げ上げをして120%にいくと、今の500兆円が600兆円になる。2000年を100とするとアメリカは15年間でGDPを170にしていますし、ドイツだって100が140になっている。それに対し、日本は100のままで15年間変わってこなかった。これをあと5、6年で120まで上げましょうということなわけです。ほかの国と同様、ちょっとずつでも成長を続けようというのは、妥当で正しい目標と考えるのが自然だと思うんですよね。

木本:お笑いでも、僕らだって賞を取るために目標を設定しましたからね。TBS「キングオブコント」に出場すべく、約1年前から定期的にネタを作って、予選に合わせて単独ライブを開催しました。決勝進出は叶いませんでしたが(笑)。

松本:予算とか目標が決まらないと企業だって人だって頑張れない。誰だって、どんな仕事だって、「今年はこれだけ儲けよう」とか、「今年はあの賞を獲ろう」とか、「今年はこれだけ番組に出るんだ」とか、目標があって初めてそれに対して努力できるわけですよね。

木本:はい、そうですね。

松本:運動だって何秒切りたいとか思うから、それが無茶苦茶な目標だったらだめだけれども。

木本:ライザップと一緒です(笑)。ライザップ正しいんだ!

松本:正しい目標があるから、それに向かっていけるわけじゃないですか。

木本:(大きくうなずいて)そうです。賢い専門家がちゃんと計算して出している、ちょうどいい塩梅の目標だから、それは達成できるということがよくわかりました。

松本:そうです。違う考えの人もいるかもしれませんが、僕はそう思っています。

(構成:高杉公秀、撮影:梅谷秀司)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT