有栖川宮記念公園でラグジュアリーに触れる

東京パークライフを満喫しよう<2>

有栖川公園は名前の通り、旧有栖川宮家のご用地であり、南部坂に面した広場には有栖川宮親王の騎馬像が据えられている。公園内にはフランスの庭園さながらに銅像が点在し、池を囲む日本庭園と美しいコントラストを見せている。

騎馬像広場で各国語のシャワーを浴びる

大使館が点在し、さまざまな言語も飛び交う

公園の最寄り駅は広尾と麻布十番。公園の緑を取り囲むように各国大使館が点在する。ドイツ、フランス、スイス、フィンランド、オーストリア、中国、韓国、パキスタン、イラン、アルゼンチン……、その数20数カ国。まさにインターナショナルなエリアだ。

天気のいい平日午後は、ベビーカーの母親と三輪車をこぐ幼い子どもたち、サッカーに興じる少年たちの英語やフランス語、ドイツ語の中で、自分が東京にいることを忘れてしまう。休日はウォーキングやベンチでギター片手にくつろぐ外国人カップルの姿も。

公園に沿ってずらりと並ぶ「億ション」

億ションがずらりと並ぶ

大使館敷地内の館員住宅に加え、公園に沿った木下坂の億ション群には、外資系企業駐在員も大勢居を構える。彼らにとって公園は、学校や病院、美味しいパン屋と同様、暮らしに絶対必要な日常空間であり、いわば「庭」の代わりである。

次ページ人気スーパーはインターナショナル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。