有栖川宮記念公園でラグジュアリーに触れる

東京パークライフを満喫しよう<2>

港区、有栖川宮記念公園を紹介します!

「公園」を軸に東京の魅力を探る「東京パークライフ」。

初回は、東京で最も芸能人遭遇率が高いと言われる「駒沢公園周辺で週末を過ごすという選択」をお送りしたが、第2回は、東京カレンダー読者におなじみの港区、有栖川宮記念公園(以下、有栖川公園)を紹介する。

モネ好み?な日本庭園

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

麻布が坂の多い土地であることは、よく知られているが、その地形を生かした有栖川公園は、丘陵あり渓谷あり、大小2つの滝もあり、という起伏に富んだ日本庭園だ。耳を澄ませば、渓流が池に注ぎ込むせせらぎの音や野鳥のさえずりが聞こえる。

石造りの太鼓橋がかかった池には、アヒルや鴨が優雅に泳ぎ、まるで深山にいる錯覚を起こす。池の端の中島には石灯籠。季節ごとの花も見事だが、実は日本庭園だけあって、雪景色の美しさも特筆ものである。

次ページ有栖川公園のシンボル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT