「東京タワー」が新幹線から見えるのは何秒か

東海道新幹線の「車窓」はこんなに面白い<2>

画像を拡大
高層ビルが少なく、見晴らしのよい馬込付近

だが、品鶴線が通る大田区馬込付近は昔ながらの住宅地。大通りはほとんどなく、細い路地に民家が密集していた。在来線に並走するとはいえ、用地買収の交渉に時間がかかれば、開業が東京オリンピックに間に合わない。

そこで、西大井から馬込までの区間は、当時日本初となる「直上高架工法」が採られることになった。現役の貨物線である品鶴線は普段通りの運行を続けながら、その真上に新幹線を通して、用地買収の手間を省くのだ。前回紹介した有楽町と同じ発想だ。

画像を拡大
冬の天気の良い日は富士山も車窓から見える

しかし、馬込には広い道路がほとんどない。加えて、新たな工事用地の確保を極力省くための直上高架工法だ。工事車両や資材の搬入もままならず、工事は困難を極めた。

第二京浜国道をまたぐ馬込架道橋の建設工事では、巨大な橋桁を搬入するために第二京浜を通行止めにしたが、周囲に代替道路がなく迂回路は17kmにも及んだという。

こうした”節約精神”のおかげもあって、西大井・馬込周辺には昭和の街並みが残され、それを高い位置から見晴らせるようになった。

富士山と森を横目に多摩川へ

画像を拡大
馬込の昭和風景を象徴した東京地下鉄の住宅。2010年までは団地が並んでいた(2009年撮影)

新幹線の車窓に戻ろう。ここは富士山も見えるE席側がよい。高架線に上がると、学校や住宅に混じって、線路の近くにいくつかうっそうとした森も見える。

最初の森は、個人の住宅。この辺りは昔からの名士も数多く住んでいる。次に、線路のすぐ横に見える森は、伊藤博文の公墓所だ。A席側から見える街並みは、かつて北原白秋や室生犀星、村岡花子など多くの文人が暮らした所で、「馬込文士村」と呼ばれている。

画像を拡大
東京地下鉄の住宅地はいま、大規模な工事が進んでいる

建設に苦労した馬込架道橋を過ぎると、E席側に大規模な住宅工事の現場が見える。東京地下鉄(東京メトロ)の社員寮の建設工事だ。

ここには1960年代から営団地下鉄の寮があり、2010年までは懐かしい「団地」が並び馬込の車窓のシンボル的存在だった。

馬込を過ぎると、新幹線は地上に降り、現在は横須賀線などの列車が頻繁に走る品鶴線の右側を並走する。この辺りは、建設当時まだ住宅が少なく、用地買収を避ける必要がなかった。列車はスピードを上げて、都県境である多摩川に向かう。
 

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT