「東京タワー」が新幹線から見えるのは何秒か

東海道新幹線の「車窓」はこんなに面白い<2>

東京タワーの全体を見晴らせるのは、今や浜松町駅手前の一瞬だけだ

東海道新幹線は、有楽町を過ぎて新橋に差し掛かろうとしている。E席側、新橋駅の広場の向こうに、赤い鉄塔がちらりと見える。長年東京のシンボルとして親しまれてきた、東京タワーだ。

この連載の過去記事はこちら

1958(昭和33)年に完成した総合電波塔で、高さは333m。現在では、2012年に完成した東京スカイツリーに主役の座を譲ったが、現在も地デジやラジオ放送、携帯電話、あるいは大気汚染観測などに使われ、関東地方の生活に欠かせない存在である。

右に見ながら出発…だったのは昔

●[東京タワー]東京~品川間 E席側

1964年の新幹線開業当時、東海道新幹線の車窓からは、空高くそびえる東京タワーをたっぷり眺めることができた。当時テレビ局が制作した新幹線の紹介番組にも、「新幹線は、東京タワーを右に見ながら東京を出発」とナレーションが入ったものだった。

東海道新幹線から見える東京タワー

だが、その後の50年間で東京の風景は大きく変わり、東海道新幹線の周囲には高層ビルが林立した。現在、新幹線の車窓から東京タワーはどのくらい見えるのだろうか。動画を撮影して、確かめてみた。

動画のフレームを数えてみると、東京タワーが見える時間は、新橋~田町間のトータル約17秒間。新橋~田町間の所要時間は、下りの場合概ね2分30秒。そのうちの17秒しか見えないのだから、いかにビルが見晴らしを遮っているかがわかる。しかも、地上150mの大展望台を含む全体を見渡せるのは、浜松町駅手前の0.7秒ほどだけ。「東京タワーを見ながら出発」とは行かなくなった。

次ページ雑草の生い茂る奇妙な線路が…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。