車窓から見える「プチプチプチ…」って何?

「野立て看板」は最高の新幹線スポット

謎の看板「プチプチプチ…」。現地に経つと看板の大きさに圧倒される

新横浜駅発車から10分。広々とした相模平野の田園地帯を抜ける頃、E席側、つまり右前方に個性的な家並みが見えてくる。

丘の上に整然と並ぶ、三角屋根の家々。青、ピンクなど1軒1軒カラフルな色彩で、デザインも統一されている。まるでテーマパークか外国の街を見ているようだ。これは、神奈川県平塚市の湘南日向岡住宅。東急電鉄グループが開発し、1987年から分譲を開始した住宅地だ。

画像を拡大
カラフルな家が並ぶ湘南日向岡住宅。平塚駅からバスが運行されている

東急建設の広報担当者は、この特徴的なデザインについて「古い話なので、いきさつはわからない」とする。住民などによれば、東海道新幹線の車窓から見えることを意識してデザインされたらしい。

日向岡は、平塚駅からバスで20分あまり。標高67mの高台にあり、眺望は良いものの分譲住宅地として条件の良い立地ではない。一方、南東側の斜面は、東海道新幹線からよく見える位置にある。

日本に一つだけの「謎の看板」

この連載の過去記事はこちら

そこで、この斜面にある家のデザインを統一し、新幹線から見た時に一目で「あれが日向岡だ」と思ってもらえるようにした。

分譲地の宣伝にも、住民に愛着を持ってもらう意味でもメリットがあり、JR東海のポスターに採用されたり、映画やテレビアニメの舞台になったりしたこともある。

日向岡住宅を過ぎると、列車は鷹取山と湘南平に挟まれた狭い谷に入る。トンネルをひとつ抜けて間もなく、A席側に見える野立て看板は見逃せない。「プチプチプチプチ……」とらせん状に書かれた黄色い看板。「727」と同様何が言いたいのかわからない、ユニークな広告だ。しかも、この看板は全国でここ1カ所にしかない。

次ページ「プチプチ…」の正体はアレ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。