クアラルンプールでジャンボ3機乗り捨て?

空港当局「持ち主は14日以内に名乗りを」

 12月10日、写真は、マレーシアのクアラルンプール国際空港に放置されたジャンボ機3機のうち、2機。10日撮影(2015年 ロイター/Olivia Harris)

[クアラルンプール 10日 ロイター] - マレーシアのクアラルンプール国際空港に、ジャンボ機3機が1年以上放置されているとし、空港当局が保有者に引き取りを求めている。

放置されているのは、ボーイング747─200F機で、2機は旅客機、1機は貨物機。駐機料も滞納状態にある。

空港当局は今週、持ち主を探すためにスター紙に広告を掲載。14日以内に持ち主が名乗り出ない場合、売却するか処分する、と警告している。

スター紙によると、アイスランドの航空会社、エアアトランタアイスランドが2010年まで3機を運航していたことを認めているが、それ以降は関係がない、と主張している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。