冥王星を殺したのは私です マイク・ブラウン著/梶山あゆみ訳

冥王星を殺したのは私です マイク・ブラウン著/梶山あゆみ訳

水金地火木土天海冥とは今は言わない。冥王星が惑星でないと6年前に決まったからだ。第10惑星を発見しながら第9冥王星とともに惑星と呼ぶべきでないとの主張を貫き、ついに両者を葬り去った個性的な天文学者の惑星への思いと情熱が生んだノンフィクション。惑星発見のために巨大望遠鏡と撮影写真とコンピュータを駆使し、知恵をどう働かせるかの勝負どころが軽妙詳細に語られる。

ユーモアあふれる軽い筆致のおかげで、天文知識のない読者でも天文学者の気分に近づけるだろう。先に発見した人でなく先に報告した人が発見者となる制度のために、天体発見後、極秘裏に論文にまとめ上げる苦労が生々しく語られて引き込まれる。スペインの学者にスパイ並みに情報を探られて惑星発見の名誉を奪われる一件など小説以上に面白い。幼い娘との天文を介した絆が人間味あふれる太い横糸となり、単なる科学書に終わっていないところが出色である。(純)

飛鳥新社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。