ファッション誌トップシェア、宝島社の女性誌マーケティングの秘密(上)

2つ目に、出版物はプロモーションが効きやすい商品であるということだ。店頭での施策はもちろんのこと、メディアでのパブリシティも効果が出やすい。

3つ目は、書店の協力と理解を得ることができればベストセラーを生み出せるということ。書店員が商品を推薦してくれたり、愛着を持ち高く評価してくれれば、来店者の目につくところに置いてもらえ、売り上げが大きく伸びる。

出版社をメーカーと考えたときに、商品開発は編集部門、また、流通対策は営業部門が、販売促進は宣伝部門が中心になって行っていることがわかった。
 
 一般的に、出版社は、企画や記事を作ることには非常に力を入れている。しかし、出版物を「商品」としてとらえて、よりその完成度を高めたり、商品として売るための戦略に力を注ぐことには関心が薄く、特に組織的なマーケティング活動は、ほとんど行われていないことが多い。

自社の業務フローをバリューチェーンに落とし込み、企画、編集、制作、営業、販促からアフターケアに至るまでの業務プロセスを詳しく分析してみると、編集と営業の負担が大きいことが判明した。そこを改善すべく、全社でのマーケティング活動が始まった。

根幹となるマーケティング会議

07年春、当社は、マーケティング会議をプロジェクト的にスタートさせた。各雑誌ごとに毎月行うこの会議では、社長をはじめ、書店営業、広告営業、編集長、宣伝、広報、ウェブなどの各部署の責任者が一堂に会しディスカッションを行う。
 
 当社はもともと社内のコミュニケーションが活発な社風で、上下の垣根もない。こうしたことも組織横断的なマーケティング会議が機能した要因だろう。

会議では、それまで「文化的なもの」としかとらえられていなかった出版物を、「商品」としてとらえ直し、その完成度を高めるため、Product(製品)、Place(チャネル)、Price(価格)、Promotion(コミュニケーション)のマーケティング4Pについて話し合う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT