ドコモ、ついにスマホ放送「NOTTV」を終了へ

赤字続きで継続困難

 11月27日、NTTドコモは、スマートフォン向け放送サービス「NOTTV(ノッティーヴィー)」を2016年6月30日で終了すると発表した。2013年7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は27日、スマートフォン(スマホ)向け放送サービス「NOTTV(ノッティーヴィー)」を2016年6月30日で終了すると発表した。動画サービスの競争が激しくなる中で、会員数が思ったほど伸びず、事業継続が困難と判断した。

すでに新規申し込みの受付を停止している。

NOTTVは日本初のスマホ向け放送サービスとして2012年4月に提供を開始。当初は2015年度末に600万件の契約数を目指していたが、今年10月末現在で147万件と伸び悩んでいた。サービスの終了に伴い、保有している周波数帯域は返納する。

ドコモは2015年3月期決算で、同事業に関連して302億円の減損損失を計上していた。今期業績に与える影響については「限定的と想定しており、年間見通しは変えない」(広報担当者)という。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT