ドコモ、ついにスマホ放送「NOTTV」を終了へ

赤字続きで継続困難

 11月27日、NTTドコモは、スマートフォン向け放送サービス「NOTTV(ノッティーヴィー)」を2016年6月30日で終了すると発表した。2013年7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は27日、スマートフォン(スマホ)向け放送サービス「NOTTV(ノッティーヴィー)」を2016年6月30日で終了すると発表した。動画サービスの競争が激しくなる中で、会員数が思ったほど伸びず、事業継続が困難と判断した。

すでに新規申し込みの受付を停止している。

NOTTVは日本初のスマホ向け放送サービスとして2012年4月に提供を開始。当初は2015年度末に600万件の契約数を目指していたが、今年10月末現在で147万件と伸び悩んでいた。サービスの終了に伴い、保有している周波数帯域は返納する。

ドコモは2015年3月期決算で、同事業に関連して302億円の減損損失を計上していた。今期業績に与える影響については「限定的と想定しており、年間見通しは変えない」(広報担当者)という。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。