2016年、ライブ会場は本当に不足するのか

劇場・ホールの閉館ラッシュに現場は悲鳴

ところが、国や都は事態をそれほど深刻視していない。コメントを求めても「日本全体で劇場・ホール数が減っているとの認識はない」(文化庁)、「現状は問題ない」(東京都)と素っ気ない。

実際、2014年に全国で開かれたコンサートの公演数は前年比25.5%増の2万7581本、入場者数は同9.7%増の4261万人と、ここ数年は右肩上がりだ(コンサートプロモーターズ協会調べ)。また、全国公立文化施設協会がまとめた「劇場、音楽堂等の活動状況に関する調査研究報告書」によると、直近の公立ホールの稼働率は52.2%にとどまっている。

つまり、会場数の減少が年々深刻になっているのであれば、ここまで市場が拡大するはずはなく、逆に公立ホールの稼働率はもっと高まっているはず、というのが国や都の論拠のようだ。ただし、民間運営も含めた劇場・ホールに関する網羅的な統計は整備されておらず、誰も正確な実態をつかみきれていない。

今回、問題提起に踏み切った各種芸能団体が本当に訴えたかったのは、むしろ、こうした現状認識さえ満足にできない、業界を取り巻く環境の改善なのかもしれない。

問題が深刻化するのは2016年ではない

2015年に閉館した青山劇場

劇場・ホールの建設が活況だった1970~1980年代に建てられた施設は、その大半が改修時期を迎えている。が、折からの建築費高騰の影響もあり、改修に要する費用は少額では済まない。

民間運営の場合、劇場・ホール単体で黒字を出している施設は少ない。たとえば三越日本橋本店内にある三越劇場のように、百貨店の集客装置としてメリットがあれば、改修のために費用を投じる理由もある。だがそうでなければ、大規模改修が必要になった段階で閉鎖せざるをえないというのが、多くの施設が抱える実情なのだ。

「改修時期を迎えて、閉鎖しようと考える劇場・ホールの運営者が今後、続出する可能性がある」と、芸団協の福島氏は警戒する。「2016」という数字に注目してしまいがちだが、真に問題が深刻化するのは来年ではなく、さらに5年、10年先なのかもしれない。

「週刊東洋経済」2015年12月5日号<11月30日発売>「核心リポート01」を転載)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング