ハリウッド映画の超巨額投資がペイする理由

ハーバード流「ブロックバスター戦略」とは

1作に100億円以上も投資するハリウッドの戦略は、はたして「正気」と言えるのか?(写真:aragami12345 / PIXTA)
サンリオ常務であり、「HBSの最も成功した卒業生31人」に選出された鳩山玲人氏はこう述べている。「ハーバード・ビジネススクール(HBS)在学中に出会った教授の中で、特に思い出深い教授が、アニータ・エルバースさん」。
エルバース教授はエンターテインメントを題材に扱う「Strategic Marketing in Creative Industries」(クリエーティブ産業における戦略的マーケティング)という異色の人気授業を担当する。その授業では映画、テレビ、音楽、出版、演劇、スポーツからナイトクラブまでのあらゆるエンターテインメントをビジネスロジックで解釈する。
これまで研究してきたエンターテインメントビジネス理論の集大成として作り上げたのが、書籍『ブロックバスター戦略』(鳩山玲人監訳・解説、庭田よう子訳)。鳩山玲人氏も「自分自身もブロックバスター理論の信者」と公言している。そのブロックバスター戦略を、事例とともに解説していただく。

 

ハーバード大学で異色の人気授業!  映画、テレビ、スポーツ、IT業界で「ひとり勝ち」するための戦略を解き明かす。『イノベーションのジレンマ』のクリステンセン教授も絶賛する、圧倒的勝者の戦略とは?

製作費1億2500万ドルで、全世界興行収入9億7473万ドルの『ハリー・ポッターと賢者の石』。

製作費2億5000万ドルで、全世界興行収入13億2811万ドルの『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(シリーズ最終作)。

観客が移り気で、失敗の確率も極めて高い映画の世界で、1作に100億円以上の巨額の製作費をかけるのは、正気と言えるだろうか? 

『ハリー・ポッター』シリーズの配給元であるワーナー・ブラザースのような大手スタジオや、エンターテインメント業界の大手コンテンツ制作者にとって、この問いに対する答えは間違いなく「イエス」だ。一見、リスクを伴うこのアプローチが、競争の激しい現代の市場で通用する理由を説明する前に、まずはワーナー・ブラザースのとったアプローチを詳しく見てみよう。

次ページ巨額制作費はペイしているのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT